スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneアプリを実機に転送する手順方法(iPod-touch)



ついに実機に転送することができましたー。

転送する手順は
1.アクティベーションコード(Activation Code)を取得
2.iPhone Developer Program にログイン
3.キーチェーンアクセスから認証キーを作成
4.IDPに認証キーやデバイス、アプリIDを登録する
5.XCodeの設定
6.ビルドー
以下に詳細を示します。

この手順は、「iPhoneデベロッパークックブック」にこの手順が載っています(あまり詳しくないかも)。また、作成したアプリをApp Storeに配信するまでの流れも書いています。


1.アクティベーションコード(Activation Code)を取得
これを取得するためにiPhone Developer Program(10800円)を購入する。
購入は、アップルサイトからゲットできます。

2.iPhone Developer Program にログイン
ここで注意が必要。購入してもたいてい一発でログインできません。
問い合わせる必要があります。日本語でOKだし、大抵は平日であれば当日のうちに返事を返してくれるので、ここは堂々と「iPhone Developer Program買ったけど、ログインできねーよ」と言いましょう。
私の場合は、10通くらいやり取りしてようやくログインできました。
メールで指示されたAppleIDでiPhone Developer Centerにログインすると右側にProgram Potalというタブができて、そこからログインできます。
ここでつまづくのは時間がもったいないので、すぐに問い合わせしましょー。


3.キーチェーンアクセスから認証キーを作成
認証キーの作成の仕方は、配布用の認証キー作成とダウンロードを参考にさせてもらいました。

これがうまくできていないと、デバイスでビルドしたときにエラーが出ます。エラーの詳細は後ほど説明します。


4.IDPに認証キーやデバイス、アプリIDを登録する
この方法は、iPhone実機で開発プログラムを走らせるが参考になりましたー。

左側のタブを上から順に登録
「Certificates」で認証キーを登録 → 「Device」で自分のデバイスを登録 → 「App IDs」 でアプリを登録 → 「Provisioning」でProvisioning Profile をダウンロード

これでiPhone Developer Program 関係の登録はすべて完了。


5.XCodeの設定
この手順は、[iPhone 開発メモ] iPhone/iPod touch に自作アプリを転送する方法が参考になりましたー。

ここで設定する箇所は2ヵ所、Xcodeからデバイスにビルドするアプリを開く。
・「ターゲット」→「ビルド」→「コード署名ID」の「Any iPhone OS Device」をキーチェーンで作成した名前を設定する。
・「info.plist」ファイルを開く。「Bundle identifier」を4で登録した、Provisioning Profile名を設定。


6.ビルドー
5の設定も終わったら、Simulator から Deveice の換えてビルドを実行します。
これで、実機に転送できます。

sample.jpg

このアプリは自分で作ったオリジナルのアプリです。

しかし、手順通りにやってもうまく転送できない人が必ずいるはず。わたしもそうでした••••
しかも、登録、設定した後に最後にビルドするからどこが悪いのかわからない。エラーコードの意味がわからないから修正するとこもわからない。

つーことで、次回に転送でハマったところを紹介しまーす。

また、このアプリのソースも紹介したいと思います。


スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © iPhone開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。