スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneアプリを無事に転送できない人へ



ここでは、iPhoneアプリを手順通りにやったけどビルドエラーが出て無事に転送できないときの解決方法をメモします。
エラーがでたときにどこが原因かわからずイライラしてしまった。
グーグルさんに聞いてみるとみんな同じようなところでハマっているんだなと思ったw


エラー1:「Unable to locate a suitable developer disk image. Re-install the iPhone SDK」

iPhone Developer Program の登録を終えて、Xcodeを開いてデバイスをPCに繋いだところ下記のエラーが出た。

これが出る人は、使ってるSDKが古いのでiPhone Developer Center に行って最新のSDKを再インストールする。インストールは2時間ほど掛かりますw
ターミナル画面を開いて
cd /Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport
に移動して、
ln -s 2.1 2.1.1
を実行して再起動してください。これでこのエラーは出なくなるはず。


エラー2:「A signing identity matching this profile could not be found in your keychain.」

ビルドしたときにこのエラーが出ている人は、キーチェーンアクセスからうまく証明書を発行できていません。もう一度発行して、IDPに登録することを勧めます。
うまくできたら、Xcodeの「ターゲット」→「ビルド」→「コード署名ID」から登録した署名が選択できるはず。
ここに出てこないということはキーチェーンアクセスに問題ありです。


エラー3:Your mobile device has encountered an unexpected error (0xE800003A)

これは「info.plist」ファイルの「Bundle idetifier」の値が正しくないです。ここにはIDCで登録した、Provisioning Profile の名前を設定します。



スポンサーサイト

コメント

 
このコメントは管理者の承認待ちです

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © iPhone開発日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。